ご挨拶

初めての仕事が社労士ではありません。
前職は建設資材を販売するメーカーにサラリーマンとして13年間勤務してきました。一級土木施工管理技士として、時には現場でヘルメットをかぶったり、支店の課長職や営業所長職も経験しながら、「人(ヒト)」に携わる現在の道を選びました。

働く現場環境も、当時から大きく変化してきています。私たちの社会保険労務士の仕事も、単に机上の法律論では片づけきれないことも多いように感じています。
私は、法律論だけでなく、「現場の想い」を大切にし、そのために何ができるのか?を常に考えて開業以来走り続けてきました。また事務所にこもってパソコンに向かって業務だけを行う社労士ではなく、いつまでも現場に出向き、現場をこの目で確かめてより良いアドバイスが出来るように心がけています。

私の一番の褒め言葉は「社労士っぽくないね」です。これからも現場離れることなく、多くの人と出会い、また人を育て、元気が連鎖できるような社会つくりに少しでも貢献できればと思っています。

アライツ社労士事務所 所長 浅野 貴之

社労士プロフィール

平成15年11月 社会保険労務士試験合格
平成16年5月 早稲田セミナー名古屋栄校「社労士講座」専任講師
平成17年3月 名古屋中村区にアライツ社労士事務所設立
平成17年4月 愛知県中小企業振興公社内企業家支援グループ「あい創会」会長
厚生労働省 愛知労働局労働相談員
平成17年7月 名古屋新事業支援センター専門家登録員
平成17年8月 愛知県中小企業振興公社専門家登録員
平成18年2月 愛知大学エクステンションセンター 社労士講座講師
平成18年3月 名古屋西区に事務所移転
平成19年5月 社会保険労務士だけの専門家集団「LLPチーム・アライツ」設立
平成20年4月 名古屋商工会議所 中小企業専門家登録員
平成20年10月 名古屋市中村区(現住所)へ事務所移転
平成20年10月 社会意識調査(NRCS)認定診断員

掲載情報

雑誌掲載情報

雑誌掲載

掲載雑誌:
「やりたい仕事&とりたい資格を手に入れる本」
(9月19日発行)
出版社:
(株)リクルート
掲載内容:
社会保障や人事・労務の管理に関するエキスパート
-労働のトラブルや年金の相談で人の役に立てる喜びがある-

企業に代わって、健康保険・労災保険・厚生年金などの社会保険の手続きをする「社会保険労務士」。
一方で、採用から退職まで、人事・労務管理のスペシャリストとしてさまざまなアドバイスを行う。 浅野さんは、労働トラブルの解決や年金相談など多忙な毎日だが、「人との出会いが多い仕事。人の役に立てるとやはりやりがいを感じますね」

雑誌掲載情報

雑誌掲載

掲載雑誌:
週刊ポスト
(2008年4月25日号)
出版社:
小学館
掲載内容:
「給与明細書をチェック」

雑誌掲載情報

雑誌掲載

掲載雑誌:
月刊総務
(2008年9月号)
出版社:
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
掲載内容:
「中小企業が活用しやすい助成金」

雑誌掲載情報

雑誌掲載

掲載雑誌:
月刊総務
(2009年8月号)
出版社:
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
掲載内容:
「中小企業が活用しやすい助成金」

雑誌掲載情報

雑誌掲載

掲載雑誌:
月刊総務
(2011年9月号)
出版社:
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
掲載内容:
「中小企業が活用しやすい助成金」

雑誌掲載情報

雑誌掲載

掲載雑誌:
開業社会保険労務士専門誌SR20号
(月刊ビジネスガイド12月号別冊)
出版社:
日本法令
掲載内容:
「ドアノックツール」としての活用策

新聞掲載情報

新聞掲載

掲載新聞:
「中部経済新聞」(9月13日発行)
掲載内容:
中小の人材育成指南 アライツ社労士事務所
- 無料セミナー開催へ -

アライツ社労士事務所は九・十の両月、名古屋市中村区の愛知県中小企業センターで人材育成などに関するセミナー「従業員のよきサポーターであるために」 を開催する。

同セミナーは、講師となる社会保険労務士で退職金コンサルタントの浅野氏と、ファイナンシャルプランナーでキャリアカウンセラーの グッドライフ設計塾代表の菅田芳恵氏が共同で開催するもの。
大企業などが人材育成に力を入れているのに対し、中小企業でもその必要性を感じつつも、コスト面からなかなか取り組めない。 そういった状況のなか、今年四月から始まった従業員の研修費用が税制優遇される「人材投資促進税制」や、キャリアコンサルティング費用についての「キャリア形成助成金」などについて、 それぞれ専門家の立場から解説、有効を図ってもらおうというもの。
開催日は、九月二十一日と十月五日の二回で、同内容のプログラム。定員は先着四十人で無料。問い合せは同事務所へ。

ページ上部へ