社会保険労務士【奨学生】募集サイト of 社労士【奨学生】制度募集サイト~アライツ社労士事務所(名古屋市中村区)~

平成29年の社労士受験生を応援します。  印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

アライツ社労士事務所は、平成29年の社会保険労務士試験の受験を目指す社労士受験生の、奨学生を募集しています。受験にかかる予備校費用を負担します。

社労士受験「奨学生制度」の募集要項

社労士受験のための、予備校費用を全て負担します!

あなたの、社労士への「情熱」が決め手です。

bind_21.jpgはじめまして、名古屋で社会保険労務士として「アライツ社労士事務所」を運営している 浅野 です。今回、社会保険労務士の受験生の皆さんを応援したくて、奨学生制度を事務所として実施することを決めました。
 私自身、1年目は独学で始め、2年目から予備校に通いだして、3年目に“救済”で合格したのですが、実務経験のないままいきなり開業して、こうして何とか仕事をしているのも、受験時代からお世話になった現在活躍されている社労士の先生方とのご縁があったからこそと思っています。
 そのご縁を、これから同じ「社会保険労務士」を目指す受験生の皆さんへ少しでも還元したい・・・
その想いが今回の奨学生制度につながっています。

 アライツ社労士事務所が行う社労士受験の「奨学生制度」はいたって単純です。社労士受験を目指すうえで、受験予備校などで勉強を行うことが多いと思いますが、その予備校費用を負担しようというものです。


奨学生だからといって、事務所で働かせるわけではありません。

bind_77.jpg世間一般によく聞く「奨学生制度」は、費用は出す代わりに、労働を強いるケースがありますが、アライツ社労士事務所の場合、働かせて勉強をしてもらうことはありません。ただし、受験が終わって社労士試験に合格し、「社会保険労務士」となった時に、人事労務の現場がどのようなものなのか?を肌で感じておけば、即戦力としてその経験を活かせることもあるので、『職場体験』として、奨学生としての期間(期間内に数日程度)アライツ社労士事務所の現場を体験していただくことがあります。 
 それ以外は、受験勉強に専念してもらうことが条件です。


【注意】電話・メールでの受付は行っていません。

【注意】募集に関して、頂いた書類は、社会保険労務士受験のための奨学生選考のためだけに利用いたします。選考後の書類は、責任をもって処分しますので、選考書類の返却には応じていませんのでご注意ください。

社労士受験「奨学生」は、予算の都合もあって、多くても3名までと考えています。ただし、募集人数が少なかったり、その熱意が感じられない場合には、奨学生が「0名」の場合もあります。


アライツ社労士事務所が社労士受験生
を奨学生制度で応援するサイトです。













平成15年 社労士試験合格後、名古屋市中村区で開業
平成18年 名古屋市西区に事務所移転
平成20年 名古屋市中村区太閤に事務所移転
平成24年 現在の名古屋市中村区名駅南に事務所移転